京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2006年11月08日

炉開きならぬ囲炉裏開きを・・

昨日は京都近郊にある知人のお宅(元庄屋さん)の囲炉裏開きのななべパーティーに行きました。


なべは、特製のスープに鳥の肉団子が入った、とってもおいしいなべで、あっという間になくなってしましました。定番どおり最後は雑炊をしました。



雑炊がなくなってしまっても、火を囲みながら、話をするでもなくしているのって、なんと貴重で意味のある時間なのでしょうね。

吹き抜けの天井から抜けていく煙り、その天井には煙で燻された黒光りしたハリや煤竹。町家とも違った良さ、楽しみがありました。

そうそう、この建物で12月3日に謡講が催されます。その時も火が入るかも・・。  


Posted by 山名騒然  at 20:08Comments(10)くらし