京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2007年03月30日

「一軒ろうじ」は京都人のあこがれ

路地、ろうじ・・京都の町中には、あちらこちらにあります。

多くの場合、「ろうじ」を入っていくと、両側あるいはかたがわに複数の家があり、「ろうじ」はそれらの家の共同の通路になっています。

そういう「ろうじ」に対して、奥には一軒の家しかない。そういった「ろうじ」を「一軒ろうじ」といいます。

「一軒ろうじ」は京都人のあこがれです。
「ろうじ」を入るところからが、その家の風情を醸し出しています。ろうじの端には竹や羊歯が植わっていたり、夜には行灯が足元を照らしていたり。玄関についた頃には表の喧騒かがすっかり遠のき、深山に分け入ったような気分です。

数日前のNHKで麻生圭子さんが出ておられました(再放送)。新しく町家に引っ越されたそうで、これがまさに「一軒ろうじ」。私も京都人、あこがれの「一軒ろうじ」に住んでみたいものです。
http://www.keiko-aso.com/  


Posted by 山名騒然  at 10:42Comments(2)くらし