京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2007年05月13日

はじめての風炉&大田のかきつばた

おとといのお茶のお稽古は初めての風炉のお稽古。

これまでの炉と違い、柄杓の扱いがいろいろあって・・とても一度や二度では覚えられそうにありません。その度に手が止まり、先生に、次はどうでした目線を送り何とか最後まで。

今日から初めてお稽古に来られた方がありまいた。長唄の三味線をされている学生さんですが、あるイベントで知り合い、お茶のお稽古に誘い込みました。この前の蕎麦屋のお稽古の時に初めて盆略手前をさせていただいたのですが、風炉のお稽古の合間に、こちらのお稽古もさせて頂き、終った頃にはすっかり暗くなりかけていました。

次の日は東京から知人が来られたので一日観光大使を務めました。
夜行バスで着かれたので、まず腹ごしらえ・・イノダの本店へ直行。写真を撮り忘れてしまいましたが、美味しかったです。そのあと、大田のかきつばたを見に行きました。


かきつばたは満開で、人も多かったですが、それでも爽や風と共に花の色が目に鮮やかでした。

葵祭りの準備中の上賀茂神社へ。
お天気が良くて暑いぐらいでしたが、白砂を踏んでの参拝は無信心者の私でもなにか神聖な気分になるから不思議ですね。


そのあと、町中へお昼をしに・・どこにしようか迷いましたが、町家中華の元祖みたいな「一之舟入」のランチへ。幸い待つ事も無くすぐに入れました。数種類あるランチを別々に頼んで取り分けて頂きましたが、どれも美味しかったです。
  


Posted by 山名騒然  at 10:07Comments(5)お茶のお稽古日誌