京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2007年06月01日

風炉のお稽古

6月10日(日)真如堂で行われるお茶会。「鈴声会」と云うそうですが。インターネットで調べてみると。毎月第2日曜日に行われる月釜で、昭和28年から始まって50年以上続いているそうです。

お茶のお稽古も、この所はそれに向けてのお稽古、今日ももっぱらそのお稽古でした。
初めて風炉のお稽古をした時は、柄杓の扱いがとても覚えられるとは思いませんでしたが、今日で3回目、どうやらそれはクリアー出来そうです。先生からお手前をしてもらうかも・・なんって言われていますが。北野さんに続いてまたまた恥をかくことになりそうですが、立派な半東さんが着いてくださるそうですので、安心して恥をかくことにします。

  


Posted by 山名騒然  at 23:17Comments(8)お茶のお稽古日誌

2007年06月01日

六本木界隈おのぼりさんツアー 最終回

さて、次の日・・

朝なにげなくテレビを見ていると、ミッドタウンが出ていて、知り合いの京都の店が出店して居る事がわかりました。前々日に行った時は夜も遅く、気が付きませんでした。

そうそう、その店とは「京はやしや」
この店に行き始めたのは20代前半。仕事が終って夕飯が済むと、三条の旧店舗に毎日のように自転車で通いました。カウンターにはいつもの顔が・・紅茶を注文して、ついでにレコードのリクエストなどもして。本を読んだり、常連の人とお話をしたり。家内との初デートもこの店でした。当時のマスターは今はご自分の店をもたれていて、今はそちらの店に行く事が多いですが。東京でこの名前を見ると、ついつい足が向いてしまいます。ちょうどこの日の仕事は午後から。場所もそれ程遠くないので、さっそく着替えて出かける事に。

開店の時間よりずいぶん前に着いてしまったので、前の本屋さんで時間をつぶしていると、どんどん人が増えてきて、開店前には50人ぐらいは居たでしょうか。11時、シャッターが開くと同時に人がどっと・・。

ハヤシライスの店や、デリカの店などから声が掛りますが、案内板で確認してある「京はやしや」の場所に一目散に。幸い並んでいる人も無く、迷わず店内へ。そしてメニューを見るが、今日は雰囲気だけを味わうためと割り切って、抹茶ミルクを注文。




時間まで本屋さんで買った本を読み、ひさしぶりの抹茶ミルクを楽しみ、これから二日間の仕事にせいを出すべくミッドタウンをあとにしました。

コンサートにお能に六本木めぐりと、あわただしい中にも楽しい東京おのぼりさんツアー。最後までお付き合いありがとうございました。  


Posted by 山名騒然  at 23:05Comments(0)