京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2007年12月31日

炉開きと終い天神

謡講のあくる日は、いよいよ炉開き。

以前の我が家の近く、ろーじの中ですが、素敵な町家の2階に新たに炉を切られたので、これからしばらくはそこでお稽古をしますが、そのお稽古も兼ねての炉開き。


床のしつらえ。
宝船の掛け軸に青磁の花入れ、お花は使いまわしの(笑)寒牡丹。香炉は亀。炉開きにふさわしいお目出度い取り合わせ。


重菓子は、末富の特製「雪の山道」お干菓子は伊織製の「松と雪輪」。実はこちらも苔香居のおあまり。でも、こんなおあまりなら大歓迎。

ご亭主はこの家のご主人。お茶のお稽古はまだ半年余り、それも月に一度だけ。それでも何とかまがりなりに格好が付くものですね。ちなみに半東は私が勤めさせていただきました。こちらもはじめての経験ではじまってからの裏方は一手に引き受けて、いい経験になりました。


炉開きの次の日は「終い天神」北野天満宮の縁日です。この縁日は近くだという事もあって、何度も足を運んでいますが、さすがに「終い天神」普段以上の人出です。あれこれ物色しながらぶらぶらしていましたが、普段使いにちょうどよさそうな火箸を見つけたので、それを買って、粟餅屋さんで一服しようと店まで行きましたが、すごい人なので買って帰って家でゆっくりする事にしました。家が近くだとこういう時に便利ですね。

この後は年末の準備、祝い膳、お重をだして、大掃除。

とここまで書いてやっと追いつきました。
家内は4月からデパートの食料品売り場の責任者をしていて今日も出ています。そんなこんなであっという間の一年間でした。さて来年はどんな都市になるのか・・。

こんなつたないブログにお越しいただいたみなさん、どうぞ来年が皆さんにとって実り多い年になりますように・・。
そしてことし同様よろしくお願いします。
  


Posted by 山名騒然  at 16:19Comments(2)くらし

2007年12月31日

今年最後の謡講へ行って

今日は「大つごもり」今年もあと数時間。
急いで追いつかないと・・(笑)

22日は前にもご案内しました、今年最後の「謡講」。場所も杉本家という京都市中にある最大級の町家です。

一部は「玄象」琵琶にまつわるお話です。謡に先だち今回は装束の着付けが見られました。二部は「江口」こちらは西行法師と江口の君とのいきさつにもとづくお話です。

これは後シテの装束ですが、どのような装束を選ぶかはシテの考えによります。今回は一番オーソドックスな着付け、大口袴に壷織の着付けです。幾重にも重ねて着ます。


薄明かりに中で見る姿は陰影がくっきりとして、能楽堂とは違ってさまざまな表情が見れます。


この日はあいにくの雨。年末でもあり、少ないかと思っていましたが、案外多くの人が来れれたのでびっくりしました。
  


Posted by 山名騒然  at 16:07Comments(0)くらし