京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2009年06月24日

苔香居でお茶の体験ほか

雅叙園に行く前日は、東京から13名のお客様を苔香居にお迎えして、お茶会とお茶の体験、その後蕎麦打ち、おくどさんのご飯の見学、そしてみなさんでお食事。そんな会のお手伝いをしました。

13名の方は殆どお茶の経験のない方ばかりで、どんな風にしようか先生と相談して、とりあえずお茶室での作法の体験と希望される方には盆点前の一部分そして実際にお茶を点てていただきました。

今村先生の指導のもと、社中のみんなで手分けしてお茶席の準備と指導をさせていただきましたが、普段は先輩のお弟子さんのお手伝いだけですが、自分たちでは力不足で先生のお手伝いがないと出来ませんが、それでもいい経験ができました。

お茶の後はあわてて着替えて、こんどはおくどさんの掛へ変身。実際に釜の番をするのは初めて、上手くいくか心配でしたが、おかげさんでいい具合におこげも出来きて、ちょっと味見をしましたが、おいしかったです。  


Posted by 山名騒然  at 16:13Comments(2)お茶のお稽古日誌

2009年06月24日

目黒雅叙園

日曜日に東京の雅叙園に行ってきました。

日本で最初に出来た総合結婚式場で、目黒にあります。東京の方はよくご存知でしょうが、昔一度だけお昼のランチに行った事がありますが、宴会場に入るのは初めてです。また登録文化財に指定されている「百段階段」も案内していただきました。斜面を利用した木造の建物で、各部屋にはそれぞれ高名な作家さんが書かれた絵画にちなんだ名前が付けられています。

写真は宴会場のほんの一部分。螺鈿細工が施された扉と床柱に彫られた弁天さん。


大きな細工もありますが、細部にまで細かく施された細工がまた見事。いつまで見ていても飽きないし、何気に見ていると、こんな所にまで・・・と思うところまで螺鈿細工がされていて見ていて飽きませんでした。  


Posted by 山名騒然  at 16:11Comments(0)くらし