京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2010年08月31日

蚊とアリ

今年の夏はあまり蚊取り線香のお世話になりませんでしたが、今頃になって蚊の被害にあっています。秋の蚊はカユイーーーーです。夏場、蚊の被害はなかったのですが、アリにはいっぱい噛まれました。  


Posted by 山名騒然  at 20:59Comments(0)くらし

2010年08月28日

都ライト’10 上七軒編

西陣界隈で行われている「都ライト’10」で上七軒を覗いてきました。


風情のある佇まいに、カメラマンがたくさん来ておられました。

私もちょっと真似をしてとってみました。

午前中はお茶屋長谷川のご主人の案内で北野天満宮を案内していただきました。はじめてお話で厚さも忘れて興味深く聞きました。  


Posted by 山名騒然  at 23:11Comments(0)くらし

2010年08月25日

染め替え

伯母の形見の紬の着物を仕立てかえることにしました。
せっかくなんで八掛の色を変えることに・・・・できてきましたが、いかがでしょうか。

  


Posted by 山名騒然  at 09:54Comments(2)きもの

2010年08月24日

謡講のご案内

謡講・声で描く能の世界・第34回のご案内です。

◆日時  平成22年9月4日(土曜日)  一部14時  二部17時

◆場所  京まちや平安京(山中油店水車向かい)

◆番組
      1) 講座 謡を深く聞いていただくための謡曲講座
      2) 独吟 文化文政期の旋律で  「龍田クセ」
      3) 謡  一部「井筒」   二部「龍田」

◆出樽(入場料) 各2500円

今回は会場もあまり大きくないので、できれば事前にお申し込みいただいたほうが確実です。

◆申し込み、問い合わせ先 洛謡社 tel:075-231-3796 e-mail:hhf02725@nifty.com

今回の会場の山中油店は京都では有数のお宅。一度は見てみたいと思っていた所です。
まだまだ残暑も厳しいとは思いますが、なかなか見れないところですので、ぜひ謡ともども建物もお楽しみください。
http://www.yoil.co.jp/  


Posted by 山名騒然  at 14:26Comments(0)催し案内

2010年08月20日

染め上がってきました

八掛と重衿が染まってきました。

八掛は地色と同じ色に、重衿は合う色を色見本から探して染めました。

ばっちりいい色に染まりました。  


Posted by 山名騒然  at 21:01Comments(0)くらし

2010年08月15日

高知一泊二日の旅・・いよいよ高知へ

さて、倉敷を後に、瀬戸大橋を超えて高知へ。
高知へ行くのは10年ぶりです。里帰り出産をした孫とお嫁さんを迎えに入って以来です。
とりあえずホテルにチェックイン。倉敷はいいお天気でしたが、高知はあいにくの雨模様。
それでも川沿のにフェニックスが南国情緒をかもし出しています。

高知の中心街は帯屋町という商店街。まだ勤め人をしていた頃、四国担当で毎月のように着ていましたので懐かしかったです。

とりえず歌に歌われた「はりまや橋」へ。むかしから「三大がっかり」といわれている不名誉な名所ですが、近年は整備もされて少しは見れるようになりましたね。

今日の前夜祭に出場するチームのユニホームを着た人がうろうろされていて、ムードが盛り上がりますね。私たちも時間まで商店会をうろうろしてから今日の会場の中央広場へ。

すでに観客席はいっぱいで後ろの方から立見です。前夜祭は昨年優秀だったチームだけが参加できる選ばれたステージで熱気がむんむん。大音量の音楽と迫力ある踊りは迫力がありすぎて・・・。それでも高校生チームの中から聞こえてきた伝統的な文句にほっとするものを感じました。競演途中からは広報に花火も見え、しばらくそれを楽しんでからホテルに帰りました。

明日はいよいよ絵金に対面できます。  » 続きを読む


Posted by 山名騒然  at 22:24Comments(2)

2010年08月13日

高知一泊二日の旅・・高知に行く前に・・よりみち・

急遽決まった高知一泊二日の旅は、ちょうど「よさこい祭り」の前夜祭の日で、ホテルを取るのに苦労さいました。

当初の予定では、早めに高知に入って、赤岡にある絵金蔵に行き、その後前夜祭を見るつもりでした。車に乗って自宅を出発、朝7時の時点ですでに宝塚インターで渋滞が発生しています。
豊中を過ぎたころからのろのろ運転、しばらくすると後ろからパトカーが・・すぐ先で追突事故が発生していました。なんとか無事宝塚を過ぎたころ、息子から借りたガイドブックを見ていた家内が、絵金蔵、月曜日休館と・・・あちゃーーそんなことに気がつかないとは。それで急遽家内の予防で倉敷へ行くことに。

事前になんの下調べもしないでいきなりの倉敷へ。30年ぐらい前に一度行ったことがあるだけ。とりあえずナビを大原美術館にセットして一路倉敷へ。そして駅前に車を止めて、ぶらぶらと商店街を歩いていくと、立派な町家が軒を連ねています。その中の一軒、夏のバックを展示しているお店に入ってみました。オーナーの方といろいろお話を聞かせていただきましたが、その中で花むしろのお話がとっても印象的。

商店街を再び歩き、アイビースクエアへ・・家内も結婚前に来たとき、ここに泊まりたかったがいっぱいで泊まれなかったそうです。元紡績工場は、素敵なレンガ造りのホテルになっています。それにしても、夏休みといえ平日なので人がいっぱいです。そこを通り抜けると、例の運河のある風景に出ます。  » 続きを読む


Posted by 山名騒然  at 17:46Comments(0)