京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2011年01月20日

はじめての人形浄瑠璃

生駒から大阪の伯母のお宅にうかがってから、国立文楽劇場へ。

大阪をうろうろしているときに、よく前は通ったのですが、中にはいるのははじめて。

舞台正面上には、卯の文字が書かれた凧と睨み鯛がお正月らしさを演出しています。

演目は、「寿式三番叟」「傾城反魂香」「染模様妹背門松」の三番。

「寿式三番叟」はお能の翁を題材にしたものですが、三番叟が二人で相舞をします。
前半はほとんど翁の写ですが、三番叟の鈴の段はなかなか迫力のある舞。拍子もお能でもなく、歌舞伎でもなく、独特のリズム感。ひょっとすると「なにわ」のリズムにつながるのかもしれませんね。

次の「傾城反魂香」(土佐将監閑居の段)では切場に人間国宝の住大夫。さすがに聞かせます。
ちなみに女房おとくは、これも人間国宝の吉田簑助が使われていました。

最後は「染模様妹背門松」(油店の段、蔵前の段)。こちらの切場は咲太夫。
言わずと知れた、お染久松の心中事件を題材にした浄瑠璃です。
お染の振袖は絞りの着物に、絞りの帯は定番。

時間が時間だったので眠たくなるかと思いますが、そんな事もなく楽しめました。

素浄瑠璃は何度か聞いたとことがあり、また聞いてみたいと思っていましたが、人形浄瑠璃ははじめてでしたが、かなかな面白いものですね。

そうそう、立派な訪問着をおめにしなった妙齢の女性の団体や、着物を来た男性もいて、平日にも関わらず、お正月らしい雰囲気を楽しませていただきました。

幕見もあるようなので、次回は4月です。また機会をみつけて行ってみたいです。   


Posted by 山名騒然  at 22:31Comments(0)くらし