京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2011年06月29日

洗い張り承り月間

意外に思われるかもしれませんが、着物は水が大好き。

長年来ている着物も、箪笥に長くしまわれたままの着物も、水をくぐらすとすっかり元気になります。

いわゆる「洗い張り」では、着物を一旦ほどいて元の反物の戻します。そして、石鹸で洗い、きれいな井戸水でブラシを使ってたんねんに汚れを落とします。

着物は知らず知らずのうちに、繊維の間にホコリや不純物が溜まっています。それを落としてやり、張り詰めた繊維を緩めてやると生き返って来ます。

洗い張りから帰って来て、見違えるように綺麗になった反物を見ると、絹は生き物だと改めて思います。

夏の間に、秋に着る着物を洗い張りしてみませんか。

7月中は「洗い張り承り月間」として、特別価格で承りますので、一度この機会にお試しください。

袷着物(胴裏、八掛付)・・・7800円(消費税込 通常10500円)から
単着物・・・・・・・・・・・・・・・・6300円(消費税込 通常 8400円)から

洗い張りをすると、仕立が必要になります。
もちろん、仕立もこちらで承りますが、ご自分のほうでされる方も歓迎します。  


Posted by 山名騒然  at 22:00Comments(0)きもの

2011年06月24日

すばらしい白生地に出会いました。

昨日織屋さんに、男物の着物を探しに行ってきました。

あらかた見た後、ふと目に止まった反物がありました。別の棚にこっそりとおいてある反物。
白い紙に巻かれたはしから見える地色。これが、なんとも言えない色だったので手にとってみたら、これまで見たこともない風合い。

お話を聞くと・・・

国産の繭(しかも古来の種類)から座繰りしてとった生糸を縦緯ともに使った生地。
これまでにも座繰りの糸で織った織物はなんども見ていますが、それのどれ共違う感触です。
シャリ感があり、白生地に引き染めがされているのですが、糸自体に微妙に凹凸があり、全体になんとも言えないムラがありますが、そのれがいい風情をかもし出しています。

同じ棚にもう一つ、精好(せいごう)という生地も。仙台平などで良く使う言葉ですが、
こちらは、とってもしなやかで、さっぱりしています。

国産の織物の技術はまだまだ素晴らしいですね。




2反とも我が家においでねがいましたので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。   


Posted by 山名騒然  at 14:47Comments(0)きもの

2011年06月21日

桂離宮から苔香居

土曜日は、東京から来られたツアーの人達と一緒に桂離宮に行ってきました。

直前までの雨もなんとか上がって、傘をささずに見学できました。
お庭は、いい具合に濡れて新緑や苔の緑が綺麗でした。
何度行っても良いものですね。

案内してくださった方は、見た目80歳ぐらいの方。解説するときは必ず下を見ながらお話になりますが、拡声器を使っておられますが、聞きやすいお声でした。解説者によってそれぞれ違うお話をされますが、今回の方は屋根裏のコマイの事を盛んにお話下さいました。

離宮の後は、中村軒で一服。
今年はじめてのかき氷を頂きました・・美味しかったです。

その後、苔香居へ。

食事・・歓談と、日がとっぷり落ちるまで楽しいひとときを過ごしました。

二日目は、知恩院から青蓮院、無鄰菴、そして南禅寺の順正でお昼をして自由解散。
青蓮院では、ちょうど月釜が掛かっていたので、飛び入りさせていただきました。

茶筅飾りのお点前で、見るのははじめてでした。
お点前された方も、どうやらはじめてのようで、少し緊張されていたようですし、聞くとお母さまが同席されていて、なおさら・・。でも、お茶は綺麗に点てられていて感心しました。  


Posted by 山名騒然  at 14:28Comments(0)くらし

2011年06月19日

謡講・・声で描く能の世界

以前書きました、謡講の案内がきました。

今回の場所は祇園祭に準備がはじまった紫織庵・川崎家です。(中京区新町通六角上ル)

何処かで、平野の家と書いていたかもしれませんが、間違っていました。
失礼ました。

演目は

1部(14時) 独吟「加茂 ロンギ」 素謡「熊野」

2部(17時) 独吟「大原御幸 サシ・クセからキリ」 素謡「雲林院」

会費 2500円  


Posted by 山名騒然  at 18:31Comments(0)催し案内

2011年06月11日

ソフトバンクのホームアンテナ・・・感激

私の携帯電話は、ボーダホンからソフトバンクと一筋。

今の家に引っ越してから、どうも電波状態が良くなく・・・家の中でも入るところと入らないところが、特に普段良く居る、居間と仕事場が入りがわるいです。

それで、ホームアンテナをつけてもらったのですが、少しは改善しましたが、これもイマイチ。

それで、新しくインターネットを使ったホームアンテナを申し込みました・・が。
我が家のネットはEO光で、すぐには対応してもらえませんでしたが、ソフトバンクとEOとの話し合いがつき、昨日機械の取り付けに着てくださいました。



これが、とっても快適・・・今までとは見違えるようにつながります。ねっともサクサクと・・・今までのが嘘のようです。   


Posted by 山名騒然  at 22:55Comments(0)くらし

2011年06月11日

エコの作法・・京町家

昨晩、BS朝日のエコの作法という番組で、京町家が取り上げられていました。

http://www.bs-asahi.co.jp/sahou/backnum_006.html#shuzai

南アフリカ出身の男性が、流ちょうな日本語で町家を熱く語る姿はとってもステキでした。
古い瓦も再生できるのをはじめてしりました。
それと、町家の耐震性についても・・。

作るときものエコなら壊したり、修理したりするときでもエコ。
もちろん住んでいる時もエコな暮らしが出来るのが町家の良さ。

今日は二階の表に、スダレを掛けました。   


Posted by 山名騒然  at 22:53Comments(2)くらし

2011年06月04日

連続ドラマのつづき

今日も樋口可南子さんの着物姿すてきでしたね。

ちょっと目についたのが、足元・・・下駄でした。

最近は浴衣の時ぐらいしか見かけなくなりました、下駄を履いた姿も良いものですね。  


Posted by 山名騒然  at 20:06Comments(0)きもの

2011年06月02日

覗き紋

NHKの連続テレビ小説おひさま。
着物が一般的だった時代の着物が見れて楽しみにみています。

今朝は樋口可南子の黒の羽織姿がとっても素敵でした。
着物好きの樋口さんですから、着物がよく似合われるのはもちろんですが・・・。

黒の羽織姿も、三っ紋(前が見えなかったので、多分ですが)・・・それも「覗き紋」でした。

最近は黒の羽織姿の方も未亡くなりましたし、まして三っ紋の方も・・しかも「覗き紋」を入れる方なんか見たこともありませんが・・。

そんなお洒落をして欲しいですね。

紋について(「覗き紋」は、下のほうの紋のバリエーションをご覧ください)
http://matuya.jimdo.com/%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%93%E3%82%8C/%E7%B4%8B%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/  


Posted by 山名騒然  at 23:10Comments(0)きもの

2011年06月01日

ワキから見た能

最近お能にハマってしまった友人から貸していただいた本がとってもおもしろいです。

ワキ方の宝生関の聞き書きですが。

ワキ方から見た能・・・・こんな視点これまで見てこなかったのでとっても新鮮です。

先日の降誕会の能の時、たまたま座ったところが地裏。
能楽堂ではまずありえない席で、薪能のときぐらいしかない席ですが、ちょうどワキ方の後ろからシテを見る感じになり、とても新鮮か感じがしました。

新たな能の見方を見つけた気分です。

今度からなる別ワキの近くに座ってみようかと・・・。  


Posted by 山名騒然  at 17:37Comments(0)最近読んだ本