京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2009年06月12日

しぶ札

着物を染めたり、加工をするときに反物に端につける「札」。これを「渋札」といいます。柿渋を塗った紙で水にぬれても大丈夫なように出来ています。

売っている時は細長い三角形の形をしています。これを指でしごいて、こより状にします。よったところが出来るだけ細長くなるようにしますが、最初はなかなか上手くできません。それでも慣れてくると細く長くできるようになります。

そして、墨で必要な事項を書きます。筆ペンではなく墨で書かないと水に浸けたときに消えてしまいます。

我が家はそれほど渋札は使いませんが、自分の所で職人さんに回すときは必ず使います。

例えば・・・白生地を染めたり、八掛を染めたり、紋を入れたり・・・。普通のお店は問屋さんや悉皆屋さんに頼まれるのでしょうが、我が家では直接職人さんにお願いしています。それだけに、こういった事も自分でします。

渋札には、加工の種類、紋の名前、色本の番号などを書きますが。

紋の名前が書いてあって、「五.五」と書いてあれば、紋の大きさが「五分5厘」だという事をあらわしています。また、○の中に「一」と書いてあれば、一つ紋。○の中に「三」と書いてあれば、三つ紋。ですから、○の中に五とあれば、五つ紋のことになります。


同じカテゴリー(きもの)の記事画像
無くてはならない本
松本・・織元ツアー
思い出の着物
夏の衿
帯
夏着物
同じカテゴリー(きもの)の記事
 無くてはならない本 (2012-10-12 22:45)
 松本・・織元ツアー (2012-09-24 09:01)
 思い出の着物 (2012-06-05 13:15)
 夏の衿 (2012-06-04 14:47)
  (2012-05-31 17:42)
 夏着物 (2012-04-09 16:39)

Posted by 山名騒然  at 22:44 │Comments(2)きもの

この記事へのコメント
ご無沙汰です。もう夏ですねえ。
紋の大きさとか紋の数とかですか。
渋柿を塗った紙なんてどこで売っているのかしら?、

へえ、3つ!!!です。
さすが、古来からの職人さんの技術の集積した街。
ためになりました。
ところで悉皆屋ってなんて読んで、何でしょう???
Posted by ゆみたん at 2009年06月14日 19:04
こちらこそ、ごぶさたです。

しぶ札は室町あたりの文房具屋さんや専門のお店で売っています。我が家は以前の町内にあった文房具屋さんで買います。

「悉皆屋」は「しっかいや」と読みます。ちなみに「悉皆」とは「あらゆること」あるいは「すべて」と言う意味で、着物に関するすべての事をする店と言う意味です。もうずいぶん少なくなりましたが、「京染・悉皆」などと言う看板を掲げたお店が、町には必ずあったものです。
Posted by 山名騒然 at 2009年06月14日 20:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。