京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2009年08月14日

留袖の洗い張り

我が家では、お着物の洗い張りや染め替えなどもちょくちょくお預かりします。
まず最初にするのは「解く(ほどく)」と言う作業です。

主に家内の仕事なのですが、ローカに陣取って、ほどいていきます。

今回解いているのは、私の母が嫁入りに持ってきた留袖です。この留袖はもちろん私の祖父が染めた者ですが、秋の次男の結婚式に着る予定で、仕立て替えをすることにしました。

この後「羽縫い(はぬい)」をして、洗い張りします。刺繍や箔などがありますので、「生け荒い(いけあらい)」になります。

写真にあるとおり、裏に紅絹が使われていますが、今風に白の裏と比翼仕立てにします。


同じカテゴリー(きもの)の記事画像
無くてはならない本
松本・・織元ツアー
思い出の着物
夏の衿
帯
夏着物
同じカテゴリー(きもの)の記事
 無くてはならない本 (2012-10-12 22:45)
 松本・・織元ツアー (2012-09-24 09:01)
 思い出の着物 (2012-06-05 13:15)
 夏の衿 (2012-06-04 14:47)
  (2012-05-31 17:42)
 夏着物 (2012-04-09 16:39)

Posted by 山名騒然  at 09:27 │Comments(0)きもの

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。