京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2009年10月18日

婚礼に向けて

今週の土曜日はいよいよ次男の結婚式です。

式、披露宴とも家族だけのこじんまりとしたものになりました。

先週からぼちぼち着る物の準備を始めています。

新郎の紋付は私の父の物。長男は私のお召しを着ます。私はもちろん紋付。衿を白に架け替え、足袋、草履、扇子も要ります。

長男のお嫁さんは、婚礼の時に作った訪問着、家内は私の母の留袖。

長男の子どもたちは昨年七五三で着た着物を再び着ます。そのために身上げをしなおしています。

以上全員着物で列席します。
私はもう一つ披露宴でお仕舞を舞おうかと・・これもこれから練習しないといけません。
土曜日までいそがしくなりそうです。


同じカテゴリー(きもの)の記事画像
無くてはならない本
松本・・織元ツアー
思い出の着物
夏の衿
帯
夏着物
同じカテゴリー(きもの)の記事
 無くてはならない本 (2012-10-12 22:45)
 松本・・織元ツアー (2012-09-24 09:01)
 思い出の着物 (2012-06-05 13:15)
 夏の衿 (2012-06-04 14:47)
  (2012-05-31 17:42)
 夏着物 (2012-04-09 16:39)

Posted by 山名騒然  at 20:03 │Comments(2)きもの

この記事へのコメント
お話は伺っておりましたが、いよいよなんですね、
おめでとうございます。

たとえ呉服屋さんでも家族全員 おきもの、という
のは この頃ではそうそうないことではないでしょうか。
きっと秋の陽に映えることと存じます。

ご準備 奥様大変そう。
お疲れが出ませんように。
Posted by 風子 at 2009年10月19日 13:34
はい、ありがとうございます。

いよいよですね。
どんな風になるか楽しんできます。
Posted by 山名騒然 at 2009年10月19日 20:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。