京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2009年11月09日

火鉢・・・たわいもないこと

今月のはじめごろ、急に寒さが来たのであわてて火鉢をだして火を入れました。
孫たちは大喜びで、いつになったら御もちを焼いてくれるのか待ち遠しく思っているようです。

ところで先日杉本家へうかがったおり、杉本家の「歳中覚」の複写が展示してあり、歌子さんといろいろお話しさせていただきました。

その折、火鉢の話が出て、「10月の末ごろに火鉢を出す事」という記述があり、その時に同時に蔵の戸を全部閉めるように書いてあるそうです。歌子さんはそれを冬は乾燥しすぎるからだろうと説明してくださいましたが、私はふと冬は火事が多いから、それに備えての意味のあるのではないかと思ってお話したら、うん・・・そうかもしれん!・・と。二人で顔を見合わせてしまいました。

もし今度どこかでそんな事が書かれたら、私のひと言が影響したのだと勝手に思うことにしますと・・二人で大笑いしました。

それにしても炭の温かさは格別ですね。


同じカテゴリー(くらし)の記事画像
MIHO MUSEUM
桜谷文庫
かわいい足袋
綺麗になりました。
手作り干し芋
火鉢の出番
同じカテゴリー(くらし)の記事
 MIHO MUSEUM (2012-11-22 13:58)
 桜谷文庫 (2012-09-15 16:59)
 かわいい足袋 (2012-09-11 17:10)
 松花の会 (2012-09-10 21:57)
 お茶席とお能 (2012-03-25 23:09)
 綺麗になりました。 (2012-01-18 09:48)

Posted by 山名騒然  at 15:04 │Comments(0)くらし

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。