京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2007年04月06日

「志村ふくみ・洋子 染織展」~月次~

昨日は、志村ふくみ・洋子さん親子の染織展(イベントスペース サラ)に行ってきました。
会場は、御所の西側、イノシシの狛犬で有名な護王神社の裏にある瀟洒な木造の建物。元は大丸の関係者のお住まいだったそうです。


一階は、「~月次~」とあるように、1月から12月までそれぞれにふくみさん、洋子さんの沙作品が展示されていました。どの色も、どの織も、立ち止まって見入ってしまいます。

藍のすっぱりとした色、梔子の鮮やかな色調、玉ねぎ、どんぐり、桜の温かい色。志村さんの心が自分の中に流れ込んできて、母の胎内にいざなってくれそうな、そんな着物ばかり。

2階には、また別の作品が並んでいます。係りの人の話では初日に出来上がって来た作品もあるとか。ふくみさんは一時体調を崩されていると聞いていましたが、連日会場に来られているとか・・でも、作品を見ているとお元気で機の前に座っておられる姿が目に浮かんできます。

見終わっても、まだまだ余韻に浸っていたくて、併設されている喫茶ルームでお茶をしていますと、会場にふくみさんのお姿を発見。以前お会いした時のように、ゆったりと着物を着て居られました。お元気な姿を拝見してこちらも元気を頂いた気分で帰りました。

展覧会は8日まで、入場無料ですのでぜひ・・。


同じカテゴリー(きもの)の記事画像
無くてはならない本
松本・・織元ツアー
思い出の着物
夏の衿
帯
夏着物
同じカテゴリー(きもの)の記事
 無くてはならない本 (2012-10-12 22:45)
 松本・・織元ツアー (2012-09-24 09:01)
 思い出の着物 (2012-06-05 13:15)
 夏の衿 (2012-06-04 14:47)
  (2012-05-31 17:42)
 夏着物 (2012-04-09 16:39)

Posted by 山名騒然  at 10:19 │Comments(4)きもの

この記事へのトラックバック
昨日、光泉洞の暖簾に着ていったショールをかけてちょっと写真をとりました。志村ふくみさんの門下生の作品で、20年近く前に求めたものです。桜の木から桜いろをとりだして、染めて...
志村ふくみさん門下生のショールと京町家【京都光泉洞店主諏訪幸子のブログ】at 2007年04月07日 23:34

この記事へのコメント
7日に大阪で歌舞伎を観たあと、8日に京都に途中下車して伺いたいと思います。ご案内を送ってくださってありがとうございました。
「美しいキモノ」春号の特集でため息をついておりましたが、実際に行けるとは思っていませんでした。
背中を押してくださって本当に感謝しております。
Posted by えりりん at 2007年04月06日 11:39
☆彡えりりんさん

昨日ご一緒した方がさっそく感想をブログに載せておられます。
http://blog.livedoor.jp/fuko346/?blog_id=1725975

雑誌と本物ではずいぶん色が違っていました。もちろん本物のほうが断然すばらしいに決まっていますが。
Posted by 山名騒然 at 2007年04月06日 17:53
最終日にちょうどタイミングよく志村ふくみさんと洋子さんにお目にかかることができました。嬉しかったです。
「美しいキモノ」の特集で拝見したよりも、本物はずっとずっと柔らかくて深みのあるグラデーションでした。すべての着物が温かく息づいているように見えました。
上記のブログも拝見させていただきました。ありがとうございました。
Posted by えりりん at 2007年04月09日 16:30
最終日も出ておられたのですね。

実物はやっぱりすばらしいですね。それもガラス越ではなくみられるのって最高ですね。
Posted by 山名騒然 at 2007年04月09日 21:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。