京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2010年04月26日

関寺小町

日曜は、予定通り観世九皐会百周年記念別会で、関寺小町を見てきました。

観世喜之さまの関寺小町は大変素晴らしい舞台でした。

シテ以外のメンバーもそれなりのお年の方ばかりで、ゆういいわれない風情がありました。地謡も梅若玄祥氏が地頭を努められ、ビシッとリードされながらも味わい深い謡でし。

これと言った劇的なストリートがあるわけではありませんが、老境の中での序の舞は、それはそれで風情があり、飽きさせませんでした。

京都から車を飛ばして行った甲斐がありました。

やっぱり能はいいですね。



Posted by 山名騒然  at 14:09 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。