京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2010年06月27日

結婚三十周年を記念して・・いざ鎌倉編

明月院への道中もスゴイ人で、地元の方の車の大来が大変そうです。


明月院のアジサイは鮮やかな藍色ばかり。どうやら色を統一しているそうです。花もどちらかというと小ぶりで可愛らしかったです。

さて、ここから鎌倉五山第一位の建長寺へ。約700mの間にいろんなお店があり、ソフトクリームを売っていたりして気がそそられますが、ガマンガマン。

さて建長寺はさすがに立派です。二層の山門、仏殿、法堂と進み一番奥の方丈へ。
方丈ではちょうど坐禅が始まるところでした。みると袴姿の男性も。この後鶴岡八幡宮の参道でも袴姿の男性を見かけましたが、とてもさまになっておられました。
方丈の裏の庭園。開放的ですっぱりとして気持ちのいい庭園。同じ禅宗の相国寺の庭園とはまったくおもむきが違います。

さて、建長寺から鶴岡八幡宮までバスにしようかと迷ったのですが、約800mとありますので、歩くことに。

ところが、しばらく見なかったあやしい二人連れが、またもや目の前を歩いています。
さて、切り通しを通り抜けてだらだらを坂を下って行くのですが、あやしい二人連れのおかげで気がついたら鶴岡八幡宮に到着。

同じカテゴリー(くらし)の記事画像
MIHO MUSEUM
桜谷文庫
かわいい足袋
綺麗になりました。
手作り干し芋
火鉢の出番
同じカテゴリー(くらし)の記事
 MIHO MUSEUM (2012-11-22 13:58)
 桜谷文庫 (2012-09-15 16:59)
 かわいい足袋 (2012-09-11 17:10)
 松花の会 (2012-09-10 21:57)
 お茶席とお能 (2012-03-25 23:09)
 綺麗になりました。 (2012-01-18 09:48)

Posted by 山名騒然  at 15:09 │Comments(2)くらし

この記事へのコメント
まぁ、鎌倉に! すぐ近くまでいらしていたんですね。
私は鎌倉が好きで、月に一回ずつ3年間通いましたよ。
あじさいは やはり格調高い明月院ブルーでしょうか。
でも、長谷寺や成就院のあじさいもそれぞれに素晴らしいんですよ。まだでしたら次回は是非ご覧になって下さい。

そういえば、建長寺のすぐ斜め前に、閻魔寺と呼ばれている円応寺(えんのうじ)というお寺があります。とてもユニークなお寺さんで、奪衣婆や 閻魔大王をはじめ冥界の十王などがずらりと並んでいて、その解説を読むのもなかなか面白かったです。
当時中学2年生だった次女が鎌倉遠足に行き、円応寺の存在を教えてくれました。その時に詠んだ句が可笑しくて、まだ記憶に残っています。

 地獄へと 落つるやも知れぬ わが身ゆえ
 閻魔に差し出す 秘かなわいろ
Posted by Sophie at 2010年06月29日 02:27
◆Sophieさん

お近くですか。
今回は時間もなかったので、長谷寺も成就院も閻魔寺も行きませんでした。
またいつか行ってみたいとおもっていますので、その時にはぜひ案内してください。

それにしてもなかなか面白い歌ですね。

秘かなわいろ・・私も地獄行きかもしれませんから、なんとか工面しないと・・(笑)
Posted by 山名騒然山名騒然 at 2010年06月30日 23:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。