京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2010年08月13日

高知一泊二日の旅・・高知に行く前に・・よりみち・

急遽決まった高知一泊二日の旅は、ちょうど「よさこい祭り」の前夜祭の日で、ホテルを取るのに苦労さいました。

当初の予定では、早めに高知に入って、赤岡にある絵金蔵に行き、その後前夜祭を見るつもりでした。車に乗って自宅を出発、朝7時の時点ですでに宝塚インターで渋滞が発生しています。
豊中を過ぎたころからのろのろ運転、しばらくすると後ろからパトカーが・・すぐ先で追突事故が発生していました。なんとか無事宝塚を過ぎたころ、息子から借りたガイドブックを見ていた家内が、絵金蔵、月曜日休館と・・・あちゃーーそんなことに気がつかないとは。それで急遽家内の予防で倉敷へ行くことに。

事前になんの下調べもしないでいきなりの倉敷へ。30年ぐらい前に一度行ったことがあるだけ。とりあえずナビを大原美術館にセットして一路倉敷へ。そして駅前に車を止めて、ぶらぶらと商店街を歩いていくと、立派な町家が軒を連ねています。その中の一軒、夏のバックを展示しているお店に入ってみました。オーナーの方といろいろお話を聞かせていただきましたが、その中で花むしろのお話がとっても印象的。

商店街を再び歩き、アイビースクエアへ・・家内も結婚前に来たとき、ここに泊まりたかったがいっぱいで泊まれなかったそうです。元紡績工場は、素敵なレンガ造りのホテルになっています。それにしても、夏休みといえ平日なので人がいっぱいです。そこを通り抜けると、例の運河のある風景に出ます。

運河沿いを散策、画像には取りませんでしたが、お店に軒には長い短冊状の紙をなびかせた提灯がぶら下げられています。お盆の風習なのでしょうね。

運河沿いの道から離れて、先ほど歩いた本町商店街の裏道へ・・・・。
道の両側はなまこ壁の蔵が続いています。現在はギャラリーなどに活用されています。その中のひとつにまた入ってみました。

そこでもいろいろお話を聞かせていただきました。ここにある蔵は、今の貸し倉庫で、江戸時代には県内から米が集まってきたそうです。その米を運河ではこんなのだそうです。また、本町通の立派な町家は6軒の家か、その分家だけだったそうで。その中の筆頭が井上家として重要文化財になっているそうですが、あいにくこちらも月曜日でお休みでした。お昼時分になったので、お店の方に紹介してもらい入ったところも、立派な町家でした。

最初に入ったギャラリーの花むしろがどうも気になって・・ふたたちギャラリーへ。そして伝統的な柄が織り込まれた物を買いました。

そしてもうひとつ気になったのが「張子の虎」そういえば我が家にも昔あった気がします。

さて、倉敷はこれくらいにして高知へ・・


Posted by 山名騒然  at 17:46 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。