京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2007年10月12日

大山崎 「待庵」へ

10日、昔の体育の日。

はるかむかし、小学生6年生の時、学校の作法室で見た東京オリンピックの時の空を思い出させるような秋晴れのいいお天気の中。縁あって大山崎の待庵に行かせて頂きました。

その昔、秀吉が山崎の合戦の折に利休が作ったお茶室。利休が目指した「侘び茶」が一つの完成を見たお茶室。畳2枚、2畳の狭い空間ながら、さまざまな工夫で狭さを感じさせない造りになっています。今は何でもあからさまに見せようと・・・でも時には薄明かりの中で暮らしてみる、見ようとしないと見えない、感じようとしないと感じない。何処か能にも通じるところがあるように思いました。

普段は外からしか見れないのに、今回は図らずもお茶室の中まで入れていただきました。利休がすわり、秀吉がすわったその場所にいま自分が座っていると思うと身震いがしました。



Posted by 山名騒然  at 10:20 │Comments(2)

この記事へのトラックバック
また見に来ます!暮し 生活 エコバック。
暮し 生活 エコバック【暮し生活】at 2007年10月12日 12:46

ANACMに出演してたんですねぇ。笑顔が可愛いです。
CMの浜口京子【浜口京子】at 2007年10月13日 03:56

この記事へのコメント
ご一緒させていただき、得がたい体験をさせていただきました。
いつもながら、ありがとうございます。

こころの深い場所に、強く訴えてくるものがある場所でした。
Posted by 風子 at 2007年10月12日 11:33
こちらこそ、さまざまな出来事、思いがあればこそ・・・ですね。

それにしても不思議なご縁ですね。
風子さんにとっていい出会いになるといいですね。
Posted by 山名騒然 at 2007年10月12日 13:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。