京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2006年08月24日

ばったり 第3弾

このばったりは、我が家の近く、建物全体も京都市の歴史的意匠建造物に指定されています。リフォームの時にも時々見ては参考にさせていただきました。そこのばったりです。


全体に重厚なつくりの家です。ばつたりもそれに合わせた作りになっています。犬矢来も鉄で作られています。


角には鉄板で補強がされていて実用性と耐久性が考えられています。ちょうつがいの受け手のところの意匠も、我が家のとは雰囲気がちょっと違います。


止め金具も凝っています。ちらっと写っている入り口の柱にも金具の補強があります。


同じカテゴリー(ばったり)の記事画像
ばったり 第11弾
ばったり 第10弾
ばったり 第9弾
ばったり 第8弾 滋賀県にて
ばったり 第8弾
ばったり 第7弾
同じカテゴリー(ばったり)の記事
 ばったり 第11弾 (2007-06-06 22:42)
 ばったり 第10弾 (2007-06-03 14:46)
 ばったり 第9弾 (2007-04-09 21:57)
 ばったり 第8弾 滋賀県にて (2006-11-22 23:25)
 ばったり 第8弾 (2006-11-04 22:55)
 ばったり 第7弾 (2006-10-31 19:18)

Posted by 山名騒然  at 14:30 │Comments(2)ばったり

この記事へのコメント
山名騒然さん、いつも誠にありがとうございます。
この”ばったり”も見事なものですね~
私は神楽坂で生まれ育ちましたが
京都に来てからはつくづく奥深さや質の高さ歴史の素晴らしさに感動することばかりです。
町屋にお住まいになれるなんて本当に素敵なことです。
Posted by ぱすてる at 2006年08月26日 14:29
ぱすてるさん 神楽坂のようすいつも楽しみにしています。

これは本当に見事です。建物自体もですが・・・。
これほどの物がまだ残っている事も奇跡かもしれませんね。

町家住まいをはじめてから、改めてその良さ、そしてそれを作り出した先人たちの見識の高さに感心します。神楽坂もたぶん昔と比べればずいぶん様変わりしたのでしょうが、それでも一歩中へ入るとまだまだ昔の風情が残っているのでしょうね。

いつか機会があれればぜひ神楽坂ツアーをお願いしたいものです。
Posted by 山名騒然 at 2006年08月28日 09:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。