京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2012年09月24日

松本・・織元ツアー

早春に織元へ出掛けたのですが、下書きのままアップするのを忘れていました。

数年前に、松本の織元をたずねる計画をしたのですが、いろいろあって中止にしました。
それ以来心残りでしたが、やっと行くことができました。

初日はいいお天気でしたが、黄砂なのか、花粉なのか、風が黄色く染まっていました。

何度か松本には行ったことがありますが、松本城ははじめて。五層の天守にも登って来ました。

そうそう、お城に行く前に腹ごしらえに、三河屋の馬刺しとさくら鍋を頂きました。相変わらず美味しいですね。お城の後は、蔵造り通や人形屋さんのいっぱいある当たりを散策。松本家具のお店はさすがに素晴らしいですね。

さて、今夜のお宿は扉温泉の明神館。地元の方からお話を聞いてから30年ぶりに来ることが出来ました。お料理はお野菜がとても美味しく、量も多すぎず、体にとってもいい感じでした。朝食も、さる神戸の◯◯ホテルの世界一の朝食おも凌ぐ内容でした。

二日目は昨日とうってかわって、朝から雨、それがいつの間にやら雪に変わっていました。さて今回の旅のメインの織物工房の見学へ。

上田へ向かう国道から脇道へ・・さらに山深い集落の一軒がその工房です。こちらでは染めの材料をすべて裏山から採取されているそうです。ちょうど染場には、山栗と山漆が染まっていました。織場の見学が終わった頃には、朝から降っていた雪もやみ、ふと見るとまわりの山には、墨絵のような景色が。こういった自然もいい織物を織るためには必要なんんでしょう。

信州、長野のお宅におじゃまするのは久しぶりですが、やはりお菓子やお漬物とお茶でのもてなしは昔のままでした。所望したお葉漬けも美味かったです。

また寄せていただく事を約束して帰路につきました。


同じカテゴリー(きもの)の記事画像
無くてはならない本
思い出の着物
夏の衿
帯
夏着物
感動的な白生地
同じカテゴリー(きもの)の記事
 無くてはならない本 (2012-10-12 22:45)
 思い出の着物 (2012-06-05 13:15)
 夏の衿 (2012-06-04 14:47)
  (2012-05-31 17:42)
 夏着物 (2012-04-09 16:39)
 感動的な白生地 (2012-03-11 10:56)

Posted by 山名騒然  at 09:01 │Comments(0)きもの

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。