京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2006年08月25日

あだしの念仏寺 その1

引越しでいくぶん西に行ったので、なんとなく親しみを感じたのと、妻の休みとが重なったので、あだしの念仏寺の千灯供養に初めて出かけました。嵯峨野にあるあだし野は昔野ざらしにされていた遺骸を弘法大師が埋葬したのが始まりとされ、明治時代に地元の人々の協力で石仏が整備され、地蔵盆に無縁仏にロウソクをお供えしたのが始まりです。


嵐電の嵐山駅を降りると、もうすっかり暗くなっていました。駅周辺の店は閉まりひっそりとしています。JRの踏切を越えて行くと釈迦堂。この辺りから、道々には手作りの行灯が置かれ、それに導かれるように歩いて行きます。





灯篭も大きな物もあります。それぞれに、絵や文字、あるいは色紙が貼られたものなどさまざまですが、不思議な事に○月○○日と書かれてあります。





この辺りから人出も増えだし、いい雰囲気になってきました。両側の行灯に引かれてさらに進むといよいよ念仏寺です。つづきはまた・・・

同じカテゴリー(思いのまま)の記事画像
蓄音機
昔の我が家
巾着
亡き伯父をしのんで
商いの原点  私の原点
東京で
同じカテゴリー(思いのまま)の記事
 私には忘れられない冷麺があります。 (2012-09-15 10:04)
 蓄音機 (2012-04-01 22:23)
 昔の我が家 (2010-07-13 19:57)
 眠れる夜は・・ (2010-05-12 09:20)
 結婚30周年 (2010-04-07 21:15)
 巾着 (2009-07-29 15:54)

Posted by 山名騒然  at 16:27 │Comments(2)思いのまま

この記事へのコメント
念仏寺には修学旅行で行って以来なのですが
このような行事もあるのですね
>○月○○日と書かれてあります
この年月日にはどんな意味があるのか気になりますね。
Posted by ぱすてる at 2006年08月26日 14:32
私もずいぶん昔に行ったきりで、前から行きたいと思っていたこの行事もやっと行く事ができました。

日付けはどういう意味があるのか、心に留めておいて、いつか地元の人にたずねて見たいですね。
Posted by 山名騒然 at 2006年08月28日 09:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。