京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2007年12月31日

今年最後の謡講へ行って

今日は「大つごもり」今年もあと数時間。
急いで追いつかないと・・(笑)

22日は前にもご案内しました、今年最後の「謡講」。場所も杉本家という京都市中にある最大級の町家です。

一部は「玄象」琵琶にまつわるお話です。謡に先だち今回は装束の着付けが見られました。二部は「江口」こちらは西行法師と江口の君とのいきさつにもとづくお話です。

これは後シテの装束ですが、どのような装束を選ぶかはシテの考えによります。今回は一番オーソドックスな着付け、大口袴に壷織の着付けです。幾重にも重ねて着ます。


薄明かりに中で見る姿は陰影がくっきりとして、能楽堂とは違ってさまざまな表情が見れます。


この日はあいにくの雨。年末でもあり、少ないかと思っていましたが、案外多くの人が来れれたのでびっくりしました。


同じカテゴリー(くらし)の記事画像
MIHO MUSEUM
桜谷文庫
かわいい足袋
綺麗になりました。
手作り干し芋
火鉢の出番
同じカテゴリー(くらし)の記事
 MIHO MUSEUM (2012-11-22 13:58)
 桜谷文庫 (2012-09-15 16:59)
 かわいい足袋 (2012-09-11 17:10)
 松花の会 (2012-09-10 21:57)
 お茶席とお能 (2012-03-25 23:09)
 綺麗になりました。 (2012-01-18 09:48)

Posted by 山名騒然  at 16:07 │Comments(0)くらし

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。