京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2012年09月15日

桜谷文庫

台風の影響でしょうか、蒸し暑いですね。

9月いっぱい、京都では「夏の旅」という催しが行われていて、普段非公開の建物が公開知れています。その中で、桜谷文庫に行ってきました。明治大正昭和に京都で活躍した日本画家の木島桜谷の住まい、アトリエが現在桜谷文庫として保存されています。

有形登録文化財指定の建物群で、前から行きたいと思っていました。やっと念願がかないました。北野白梅町から等持院へ少し行った所にある2000坪の敷地に、母屋、洋館、アトリエがあります。この辺りは、竹やぶや畑ばかりだったそうですが、桜谷が住み始めたあと、栖鳳、華楊、麦僊、印象らが住み始め、「衣笠の絵かき村」と言われたそうです。そういえば、叔母たちもそんな事を言っていました。

さて、見学は、母屋、台所、洋館そしてスコ離れたアトリエ。あいくにアトリエは外からだけしか見れませんでした。母屋は簡素な中にも気品のあるしつらえがされていました。二階からは、当時は、北山や比叡、東山が一望できたそうです。台所には、オクドさんや井戸も当時のまま。洋館には、桜谷の作品が飾られていました。次々と見学者が来られていました。


同じカテゴリー(くらし)の記事画像
MIHO MUSEUM
かわいい足袋
綺麗になりました。
手作り干し芋
火鉢の出番
隆平そば
同じカテゴリー(くらし)の記事
 MIHO MUSEUM (2012-11-22 13:58)
 かわいい足袋 (2012-09-11 17:10)
 松花の会 (2012-09-10 21:57)
 お茶席とお能 (2012-03-25 23:09)
 綺麗になりました。 (2012-01-18 09:48)
 手作り干し芋 (2012-01-14 21:27)

Posted by 山名騒然  at 16:59 │Comments(1)くらし

この記事へのコメント
桜谷文庫の一般公開は今回が初めてだったそうです。
Posted by 山名騒然山名騒然 at 2012年09月24日 09:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。