京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ



2008年05月30日

三響会に行ってきました。

27日は三響会で南座へ行ってきました。

今回は昼の部。時間前の南座前は、花街が引っ越してきたのかと思うほど、舞妓さんや芸子さん、お母さん、お姉さん方でいっぱい。それ以外にも着物姿の方が多くて、とても華やかでした。

三響会は亀井三兄弟が主催する会で、それぞれの分野、能と歌舞伎をコラボレーションした舞台です。

昼の部の番組は

竹生島  市川亀冶郎

月見座頭 藤間勘十郎

船弁慶  片山清司 市川染五郎

安達原  観世銕之丞

竹生島では演者は歌舞伎役者ですが、謡と長唄が共演。両方聞けて三響会ならでは。長唄もいいもんですね。

月見座頭では勘十郎さんの歌舞伎らしい所作、引っ込む前の花道での笑いが皮肉ぽくて面白かったですが、狂言のほうがより人間の内面を表現していて私は好きです。

船弁慶では、知盛役の染五郎の豪快な舞が良かったです。引っ込む前の花道でクルクル回るのは目が回って落ちないのかはらはら・・・。

安達原は、舞台の作り込みが歌舞伎風。

今回の席は二階の左、花道の裏側でしたが、正面の桟敷席には舞妓さんがずらり。遠くてあまりはっきりは見えませんでしたが・・。



Posted by 山名騒然  at 11:19 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。